無料会員特典
会員登録済の方は下記よりログインしてください
アカウント


パスワード


孟徳流 オフショア投資・海外不動産投資 奮闘記 ~打倒、年金不安・老後地獄~
孟徳流 HSBC香港で口座開設⇒フレンズプロビデントへ加入⇒そして海外投資奮闘記

香港IFA

IFAとは?


 ” Independent Financial Adviser - インデペンデント ファイナンシャル アドバイザー - ”の略です。香港では、香港政府公認の投資顧問会社/もしくは投資助言者のことを指します。


主な業務内容とは?


 どこの金融機関にも左右されることなく「 海外ファンド 」や「 その他の金融投資商品 」について、中立な立場で資産の運用/設計/保全のアドバイスをしてくれます。政府公認の正式な免許として、” SFC(証券業ライセンス) ”や” PIBA(保険業ライセンス) ”を取得していることがその証です。公認ライセンスにより、IFAのミスで何かがあれば、香港政府による保障を受けられることがあります。


【 証券業ライセンス SFC 】

香港金融免許:SFC

香港金融局: http://www.hksfc.org.hk/sfc/html/EN/


【 保険業ライセンス PIBA 】

香港保険免許:PIBA

香港保険協会: http://www.piba.org.hk/



 香港のIFAの中には、日本語がOKだったり、実際に日本人のアドバイザーがいたりします。このため、英語ができない日本人の方でも気軽に投資に参加されています。


IFAを介した購入契約の注意点とは?


 気をつけないといけない点としては、「 ファンドの最低投資金額からの購入受付をおこなっているか? 」という点です。少し高額な投資額からしか購入受付をしないというIFAも中にはあります。ここは最低投資額からの受付をおこなってくれるIFAの方が、顧客思いの良い会社だと判断されています。


 投資額は、” ある程度の所得を得ている方 ”や” 既にまとまった貯蓄がある方 ”の場合なら、最低投資額以上で申し込みをおこなっても特に支障はないでしょう。むしろ金額次第で、運用成果が大きく変わってしまいます。ここは考えどころです。


 しかし、もし支払いが生活を圧迫してしまう可能性があるのであれば、ここは無理をせずにすむ金額で購入申し込みをする方が良いです。積立投資なら初期ユニット期間が終われば、月々の支払い額の変更も可能です。あくまで投資の判断は自分でおこないます。



⇒ 香港の税制




Back to top