無料会員特典
会員登録済の方は下記よりログインしてください
アカウント


パスワード


孟徳流 オフショア投資・海外不動産投資 奮闘記 ~打倒、年金不安・老後地獄~
孟徳流 HSBC香港で口座開設⇒フレンズプロビデントへ加入⇒そして海外投資奮闘記

海外FX業者

 海外FX業者で取引口座の開設をおこなう日本人が最近、ますます増えています。その主な理由としては、日本国内において政府による最大レバレッジの規制が始まったためです。


 2011年より日本国内では、” 最大レバレッジ:25倍 ”までの取引しかおこなえなくなりました。海外では、相変わらず200倍/400倍といったハイレバレッジをかけた取引がおこなえます。この違いにより海外FXは注目を集めています。


 ■ レバレッジのメリットについて


 FX取引において、一番の鍵となるのが” レバレッジの活用 ”です。これを有効利用すれば、下記のメリットが生まれます。


【 メリット1 】 : 少ない資金で、大きな投資がおこなえる


【 メリット2 】 : 小さな値動きでも、利益を出せる


 当然のこととして、資金がないにも関わらずハイレバレッジでの取引をおこなうことは、それなりの高いリスクを伴います。しかし、レバレッジを活用して大きな取引をおこなえば、ほんの微々たる値動きでも” 利益 ”が発生することになります。


 つまりレバレッジを上手に活用し、安定した投資成果を積み上げてきた投資家も沢山いるのです。この日本での規制は、FX取引の最大の魅力を奪ってしまう結果となりました。


 ■ 海外FXについて


 海外FX業者では、依然としてハイレバレッジでの取引がおこなえます。200倍~400倍といった高いレバレッジをかけた取引が普通におこなわれています。日本人の中にも、早くから海外FX業者を利用されている方々もいらっしゃいました。その先駆者達がブログで情報を記載していたり、他にも日本語で海外FXのいくつかの業者について解説されたWEBサイトなども見かけます。そのため、取引口座の開設/サービスの利用は意外と簡単です。それほど敷居が高くないことも事実なのです。


 ■ 取引口座開設において見られる変化について


 ここ最近の出来事としては、いくつかの海外FX業者が” 日本居住の日本人 ”を対象に、” 新規の取引口座開設申し込み ”を締め切っています。おそらく今回の日本での規制により、新規の日本人の取引口座開設申し込み件数が非常に増えたことと思います。


 そして日本政府側としては、海外での取引が活発化してしまうと、投資状況の把握が非常に困難となります。つまり、税金の徴収がおこない難いのです。そのため、日本在住の日本人による新規取引口座開設の件に関して海外FX業者側にも、何か働きかけをおこなっている可能性が考えられます。世間では、口座の開設だけでも急いだほうが良いという声も聞かれます。



⇒ 海外ファンドへ




Back to top