無料会員特典
会員登録済の方は下記よりログインしてください
アカウント


パスワード


孟徳流 オフショア投資・海外不動産投資 奮闘記 ~打倒、年金不安・老後地獄~
孟徳流 HSBC香港で口座開設⇒フレンズプロビデントへ加入⇒そして海外投資奮闘記

外国株式

 日本でも証券会社に外国証券取引口座を開設すれば、窓口で取引可能な外国株式はあります。アメリカ/中国/韓国/ヨーロッパ/ロシア/タイ/インド/ブラジルなどの証券市場のものです。特にアメリカ/中国/韓国などの株は、インターネット取引が可能であったりもします。


 このように国内にも、外国株に投資する方法があります。しかし、ここでも問題があります。どうしても” 仲介手数料 ”やら” 為替手数料 ”やらが、高くついてしまうことです。そして、もう1つは” 購入できる銘柄の数が限られている ”ことです。


 ■ 香港で証券取引口座開設について


 こういった問題を気にせずに、外国の株を取引したいと考える人はいます。そういう人は、オフショアの金融機関にて証券口座を開設しています。そうすることで国内の金融機関に比べ、手数料を安くおさえられます。また国内で取り扱っていない銘柄も多く存在するので、購入できる銘柄の数は格段に増えます


 購入経路は、意外と簡単に確立できます。ですが、異国の株への投資です。それによるリスクがあります。言語は、もちろんです。さらに現地の最新情報などを手に入れるルートがないと、投資のリスクがそれだけ高くなるのです。


 ミニバブル状態であった新興国市場(中国・上海、インドなど)の株式市場も、リーマンショックで大きく下げたという時期もありました。株式投資のリスクは承知の上かと思いますが、しっかりとした資産運用をおこなうためには確かな情報が必要となります。


⇒ 外国債券へ




Back to top